トップページ >  採用について >  代表メッセージ

代表メッセージ






これから、就職活動を通して新しい世界に飛び込もうと考えているみなさん。今、会社にいろいろな想いを持たれていることだと思います。就職に正解があるのかどうかはわかりませんが、自分自身の特性に合う仕事を見つけられることを願います。

当社は、昭和50年代に創業し、これまでIT業界で40年近くの歳月を歩んできました。当社の使命は、IT技術やITサービスを通して、お客様の「やりたい」を「やれた」に変え、ITで社会発展に参加することにあります。そのため、人も会社も日々課題解決を通して成長し、より高いサービス価値を提供することに挑戦し続けています。

当社のお客様の業種は多岐にわたります。様々な業界があり、様々な事業があります。また新顧客の開拓で年々拡大しています。そうした環境の中で多くの経験を積み、技術者としても会社としてもできることを増やし、質的にも成長をしています。今の世の中は、常識や固定概念が驚くほどの速さで変化しています。それにつれてお客様の求めるものも高度化しています。それを、へっちゃらに応える力が当社の力と言えるかもしれません。

とはいっても、日々の仕事は一歩一歩の歩みです。目の前の小さな問題を解決していくことの積み重ねが、大きな変化になっていくのです。

IT業とひとことで言っても、業界の仕事の幅は様々です。易しい仕事もあれば難しい仕事もあります。当社の仕事内容も同様です。しかし、難易度の違いは単に職種にだけあるのではなく、仕事の仕方にあることも多いのです。

たとえばある作業で、結果を出せば良いだけなら仕事は易しい。しかし同じ結果を出すにも、それを半分の期間で結果を出すとなると仕事は急激に難しくなります。そこには工夫が必要になります。この工夫の有無が仕事の難易度や価値を決めるのです。難しい仕事の取組みには困難がつきものですが、その分やりがいがあります。

IT業界でも他の業界でも、仕事の楽しさは、問題を解くときの試行錯誤やそれが解決した時の達成感にあると思います。そして、自分のできることが増えると、解決のための手段が増えていき、仕事はより楽しくなります。IT業界が他の業界と違うとすれば、解決のための方法が次々と進歩していく、例えばAIや自動化の技術など、未来志向であるということかもしれません。

仕事は難しいほど面白い。仕事を楽しめる人たちと一緒に働けることを願っています。
「これから待ち受けるであろう、楽しい苦難に乾杯!」

代表取締役社長